明日葉青汁比較|あしたば青汁いろいろ飲んでみての口コミ体験談

 

私はこれまで何年、十数年と様々な青汁を飲んできました!
皆さんは健康のためダイエットのため、栄養バランスの補助など様々な目的で飲まれていると思います。
私の場合は健康と偏った食生活の補助という感じで飲んでいます。
そういった健康と偏った食生活の補助というところを考えたときにどういった青汁が良いのかというところを考えたときに国内産の明日葉が使用された青汁というところに行きつきました。
国内産なら安全性も高いでしょうし、明日葉は栄養が豊富というのも理由です。

 

皆さんもそうだとは思いますが別に明日葉の青汁が飲みたいわけではなくて、健康や美容、ダイエット、栄養補助のために摂取したいと考えていると思います。
私もそうです。
明日葉もよいですが品質が良くてバランスよく栄養が配合されていてという青汁を選ぶことが大事です。
そこで明日葉重視でその他様々な点から私がおすすめする青汁を紹介したいと思います。


目次

おすすめ明日葉比較
私が飲んでみた明日葉配合青汁
極の青汁
ふるさと青汁
粉末青汁
明日葉青汁トップ3比較表
明日葉を選ぶポイント

おすすめ明日葉比較

極の青汁

極の青汁

極の青汁はサントリーが販売する青汁でこれまで1億杯を突破している実績があります。
サントリーが販売していて販売実績を考えると利用しやすいのではないでしょうか。
成分でいうと使われているう野菜は屋久島産の明日葉熊本産の大麦若葉も使用されています。
そして、極の青汁のポイントは体への吸収力をアップさせるためにケルセチンプラスを配合しているというところです。
サントリーの商品ということもありますが品質などを考えて一番に紹介させていただきたいと思います。

 

公式サイトはこちら⇒サントリー極の青汁|詳細はこちら⇒極の青汁

極の青汁のポイント

サントリーが販売
1億杯突破
明日葉、大麦若葉、ケルセチンプラスを配合

極の青汁の概要

価格:通常価格3,600円(税別)⇒3,240円(税別)送料無料
容量:30包入(約10〜30日分)
定期コースやお徳用サイズの商品もあります

 

 

明日葉青汁ですが私は飲みにくいということもなく飲みやすかったです。
品質管理などを考えるとこの価格はとても良いのではないでしょうか。
どの明日葉青汁が配合されている青汁が良いのかわからないという方は無難にサントリーの極の青汁で良いのではないかと思います。


公式サイトで確認してみる↓
極の青汁

 

ふるさと青汁

ふるさと青汁

ふるさと青汁は私が飲んでいた青汁です。
私の妹も妊娠中にあげて飲んだりしていました。
これまで4000万杯突破している人気の青汁です。
箱でいえば100万箱ぐらいですかね?
それでもやはりすごいです。
原料も国内産にこだわっています。
ちなみに明日葉は八丈島の青汁を使用しています。
メインが明日葉でそのほかには大麦若葉や桑の葉などが配合されています。
野菜不足、お腹スッキリ、健康向けではないでしょうか。

 

公式サイトはこちら⇒話題の明日葉を根っこごと青汁に!|詳細はこちら⇒ふるさと青汁

ふるさと青汁のポイント

八丈島の明日葉
4000万杯突破
大麦若葉や桑の葉なども配合

ふるさと青汁の概要

価格:通常価格3,800円(税別)
容量:30包入り(約1ヶ月分)
定期コースは安くなります。

 

 

ふるさと青汁は以前から人気になっている青汁で、明日葉がしっかり配合されているのが特徴でしょうか。
実際飲んでみても飲みにくいということもありませんでしたし飲みやすいと思います。
明日葉にこだわりがある方はこちらが良いかもしれませんね。


 

粉末青汁

粉末青汁

粉末青汁は5種類の100%国産野菜使用されています。
明日葉をはじめ大麦若葉、ケール、モロヘイヤ、ブロッコリーの5種類が使用されています。
他の青汁にくらべて一包の量が2.5倍というのもポイントです。
ほんとに量が多くお得でしっかり摂取出来るという感じです。
知名度のある企業ですし利用しやすいのではないでしょうか。
量が多いので青汁がちょっと苦手という方は量を減らして飲むのも良いのではないでしょうか。

 

公式サイトはこちら⇒サンスター 粉末青汁|詳細はこちら⇒粉末青汁

粉末青汁のポイント

5種類の100%国産野菜使用
他の青汁にくらべて一包の量が2.5倍
知名度のある企業

粉末青汁の概要

価格:通常価格4,500円(税込)
容量:30袋入

 

 

まず思ったことが一袋の量が非常に多いことです。
1袋3gくらいのものが多いのですが粉末青汁10gですからね。
その中に明日葉など5種類の野菜が含まれているわけです。
そして普通に飲むと10gなのでとても濃くなりますので2回に分けるなどして飲むのも良いのではないでしょうか。
価格は高く思いますが結局コスパは良いのではないでしょうか。
野菜不足という方には良いと思います。


 

すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁

からだの青汁は痩せたいという女性向けに作られた青汁なのかなと思います。
公式サイトを見ても配合成分をみてもダイエット向けに作られている感じがします。
配合成分は80種類を超える酵素と青汁、生きた乳酸菌配が配合されています。
青汁では明日葉にクマザサが使用されています。
女性にはうれしい美容成分コラーゲン、プラセンタ、セラミドも配合されています。
フルーツ果汁も配合されており飲みやすくつくられています。

 

公式サイトはこちら⇒すっきりフルーツ青汁|詳細はこちら⇒すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁のポイント

国産の明日葉・クマザサを使用
80種類を超える酵素と青汁、生きた乳酸菌配を配合
美容成分コラーゲン、プラセンタ、セラミドも配合

すっきりフルーツ青汁の概要

価格:単品コース3,980円(税抜)
容量:30包入り
初回お試しや定期コースなどは安くなります。

 

 

明日葉青汁トップ3比較表


個人的に私がオススメする青汁を比較してみました。

 

ふるさと青汁

粉末青汁

極の青汁

 

価格

 

明日葉重視

 

飲みやすさ

 

栄養

 

コスパ

 

詳細

 

ふるさと青汁

 

粉末青汁

 

極の青汁

明日葉を選ぶポイント

明日葉を使用した青汁でも商品によって違いがあります。
そこで私が思う選ぶポイントを紹介したいと思います。

どのような目的に作られているのか

明日葉は様々な栄養素が豊富に含まれています。
そういった理由からか美容目的や健康、ダイエットなどを目的として利用する方も多いようです。
青汁商品自体もそうで青汁を販売しているサイトを見るとわかる通り、その青汁がどういった目的の人のために作られているのかとうことがわかると思います。
明日葉以外にも配合されている成分もいろいろありますからそういったところもチェックポイントになると思います。
美容目的なのか健康目的なのかなどですね。
ですからもし美容目的で利用したいのであれば、美容目的向けに作られている青汁、ダイエットならダイエットむけ、健康なら向けの青汁を利用するのがよいのではないでしょうか。

明日葉が主成分か

青汁でも明日葉を使っている青汁もあれば大麦若葉やケールの青汁もあります。
さらには他の植物を使った青汁もあります。
そして、最近では様々なものを配合した青汁が多いです。
主成分が大麦若葉で明日葉少し入っているという青汁もあります。
まあ、自分で納得できればそれでも良いとは思いますけどね。

明日葉の原産地は

青汁は明日葉にこだわらなければ数え切れないほど数多くの青汁があります。
原産が中国などの海外の青汁なら1000円以下でもあったりします。
私も昔は飲んでいましたが、さすがに今は健康のために飲むのに海外の青汁は飲もうとは思いませんね。
そういった海外の青汁(大麦若葉など)安いものはいくらでもあります。
明日葉は日本原産で、房総半島から紀伊半島と伊豆諸島などに生息しているということなんです。
ですが海外原産の明日葉もあります。
そうすると多少は安くなると思います。
ですがやはり、国内産のものなら多少高価になってしまうのでしょうか。
もちろん大麦若葉などで国内の良い青汁は多少高価になると思います。
やはり海外の明日葉が使われていても品質管理や検査などがしっかりしていれば問題ないですが、やはり心理的には国内産の明日葉を利用したいところです。

私の青汁の経験
まあここは私の青汁を飲んできた経験なので興味のある方だけ見ていただければと思います。
初めて青汁を飲んだのは20代で不規則で偏った食生活をしていたので野菜不足は明らかでした。
そういったところからか便秘でも悩んでいました。
そこで青汁を飲もうと思いました。
若くお金もなかったので安い青汁を飲んでいましたね。
そこからいろいろな青汁を飲みお腹スッキリや体の調子が良いなどという感じになってきましたね。
そして、現在がふるさと青汁というところになったわけです。

 

当サイトについて

青汁といっても使われているものは商品によって違います。
代表的なものとして、大麦若葉やケールなどがありますね。
この辺りは聞いたことがある方は多いと思います。
そして、最近注目なのが明日葉青汁です。
明日葉は栄養が豊富に含まれていて明日葉を使った青汁が増えてきているように私は思います。
とはいえ大麦若葉やケールに比べればまだまだ明日葉青汁は少ないような気がします。
当サイトでは明日葉についてと明日葉を使った青汁を体験談も含めて紹介したいと思います。

 

青汁比較ランキングをチェック

更新履歴